ルワンダ バフコーヒー ニャルシザ 中煎り コーヒー豆 100gの通販・お取り寄せ/スペシャルティコーヒー


スペシャルティコーヒー辞典



 

トップ > コーヒー豆を選ぶ > 産地から > アフリカ > ルワンダ バフコーヒー ニャルシザ 中煎り コーヒー豆 100g

ルワンダ バフコーヒー ニャルシザ 中煎り コーヒー豆 100g

温度変化で次々に顔をだす多様なフレーバー。


飲み始めはオレンジやピーチのようなフルーティさ。徐々にミルクチョコのような甘さ。飲み始めからアフターテイストまで多様な風味を楽しめるコーヒーで、飲みごたえがあります。ケニアやブルンジなど、他のアフリカの国々のスペシャルティコーヒーとはまた違ったテロワールを醸し出しています。
価格 : 842円(税込)
ポイント : 8
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
挽き具合

選択
豆のまま(推奨)
中挽き(ハンドドリップの場合)
粗挽き(フレンチプレスの場合)

合計5000円以上で送料無料

<オススメの飲み方>

温度変化にともなう風味の変化をお楽しみいただけるコーヒーです。最初はフルーティで、温度が下がると徐々にミルクチョコのような甘さが出てきます。
 

<焙煎度>

中煎り
 

<精製法>

フリーウオッシュド
 

<生産地について>

  • 国・地域:ルワンダ 南ミャマガベ(標高:1785m)
  • 農園:バフコーヒー ニャルシザ コーヒーウォッシングステーション
  • 品種:ブルボン

ニャルシザ・コーヒーウォッシングステーションは、母体となるBuf Coffeeが2007年に開設したウォッシングステーションです。
 Buf Coffeeは『コーヒーによって人々を勇気づける』『パイオニアとしてルワンダのコーヒーをリードする』『技術的な挑戦と改善に努める』という企業理念のもと、ルワンダのコーヒー生産においてリーダーシップを発揮しています。

ニャルシザ・コーヒーウォッシングステーションは、2000人の農民が携わる南部ニャマガベの1785mに位置するウォッシングステーションです。標高1800~2000mの高地で栽培されたコーヒーは、国有森林とナイル川の源流を起源とした肥沃な土壌とピュアな水資源に囲まれて生長し、ジューシーで明るい風味特性を有します。また、そうした恩恵を享受できる環境ゆえ、ニャルシザではウォッシュドプロセスを主に採用しています。